金沢子育てお役立ちウェブ のびのびビ~ノ

トップページ > 子育てコラム

子育てコラム&おすすめ本

2017年6月

楽しく食べましょう!

6月は食育月間です。毎日の食事を楽しんでいますか?
食事の時間を楽しく過ごすことは、健康な身体をつくるだけではなく、豊かな心も育てることが出来ます。
食事を楽しむためのポイントを確認してみましょう。

おなかをすかせましょう
日中は体を動かして遊ぶことで、おなかがすき、おいしく食べることができます。
また、食事の時間におなかがすいていると、苦手な食材もおいしいと感じやすくなります。1日3回の食事とおやつは決まった時間に食べさせるようにしましょう。

環境を整えましょう
テレビを消したり、おもちゃを片付けさせたりしてから食事の時間にしましょう。環境を整えることで、食事に集中しやすくなります。

一緒に食べましょう
「今日の食事はおいしいね」と共感したり、今日の出来事を話したりすることで食卓がコミュニケーションの場になります。

お手伝いをさせましょう
食材の買い物や食事の準備など、簡単なことを手伝ってもらうことで、
その後の食事に興味・関心を持つことができます。

 


『おさんぽ おさんぽ』

ひろの たかこ・さく
福音館書店 2008年

あおいぴかぴかのながぐつをはいた、ちいさな子が、雨あがりに、おさんぽにやってきました。
あしもとでは、ありやかえるたちも、おさんぽをしています。
みずたまりのなかも、あおいながぐつの子は、そのまま平気でバシャバシャと、入っていきます。
だんだん勢いが増し、ついには、はだしになって、バシャ、バシャ、バシャ!!

長靴の青色が、鮮やかな印象の絵本です。
描かれているのは、はじめからおわりまで、長靴をはいている子どものぷっくりした足もとと、地面上の視点のみ。
けれど不思議と、子どもの楽しげな表情やしぐさが目に浮かんでくるような、ぬくもりが感じられます。

雨ふりが続いた後に、太陽が顔を出すと、心がはずみますね。
大人になると、汚れても平気…という訳にはなかなかいきませんが、たまには、お子さんといっしょに、思いきりバシャバシャしてみるのもいいかもしれませんね。

▼2017年バックナンバー
▼2016年
▼2015年
▼2014年
▼2013年