金沢子育てお役立ちウェブ のびのびビ~ノ

トップページ > 助成 > 各種助成

各種助成

定住促進

まちなか住宅建築奨励金

まちなかにおいて、住宅ローンを利用して金沢らしい外観の戸建て住宅を建築する際に、借入金の10%(一般住宅:上限200万円、二世帯住宅:上限300万円)に相当する額が助成されます。18歳未満の子ども3人以上と同居する世帯に対する加算制度もあります。


いい街金沢住まいづくり奨励金 (平成28年9月末まで)

郊外部の定められた区域において、45歳未満の人が住宅を建築する際に、借入金の2.5%(上限50万円)に相当する額が助成されます。18歳未満の子ども3人以上と同居する世帯に対する加算制度もあります。

問/住宅政策課 TEL 076-220-2136 FAX 076-222-5119

 

郊外部移住者住宅建築奨励金 (平成28年4月から)

郊外部の定められた区域において、移住者が住宅を建築する際に、一般住宅については借入金の5%(上限100万円)、二世帯住宅については借入金の7.5%(上限150万円) に相当する額が助成されます。18歳未満の子ども3人以上と同居する世帯に対する加算制度もあります。

 

未熟児養育医療

身体の発育が未熟のまま出生した乳児に対し、指定医療機関の医師が入院医療を必要と認めた場合に給付されます (所得に応じた一部自己負担あり)。

問/市保健所 地域保健課 TEL 076-234-5102 FAX 076-234-5104

 

不妊治療費の助成

不妊治療を受けている夫婦に対し、不妊治療費の一部が助成されます。(夫婦合算の年間所得額730万円以上の場合は除く)

【助成内容】

  1. 特定不妊治療(体外受精、顕微授精)
    治療1回につき15万円、ただし初回のみ30万円(凍結胚移植等については、治療1回につき7.5万円)を限度。(助成期間及び助成回数に制限あり)
  2. 一般不妊治療
    治療費の2分の1(1年間5万円を限度)を連続する2年間助成
  3. 男性不妊治療
    特定不妊治療の一環として行われる男性不妊治療(精巣内精子採取術後)治療1回につき15万円を限度。

>> 不妊治療費助成事業

問/健康政策課 TEL 076-220-2233 FAX 076-220-2231

 

小児慢性特定疾病医療

治療が長期にわたる小児慢性特定疾病にかかっている児童に対し、医療費の負担軽減を目的とした医療費の助成があります(所得に応じた一部自己負担あり) 。対象となる疾病等については、かかりつけの医療機関などで相談してみましょう。

問/市保健所 地域保健課 TEL 076-234-5102 FAX 076-234-5104

 

妊娠高血圧症候群等療養援護費の助成

妊娠高血圧症の疾病で、7日以上入院した場合、前年の所得税額が1万5千円以下の世帯の妊産婦(妊娠中または産後10日以内)で病状が認定基準にあてはまる方を対象に費用の一部が支給されます。

問/健康政策課 TEL 076-220-2233 FAX 076-220-2231

 

自立支援医療(育成医療)

肢体不自由・視覚・聴覚・音声等の機能障害・内臓障害(一部先天性の疾患)・免疫機能障害がある18歳未満の児童を対象に、身体の障害の程度を軽減したり障害を取り除いて、生活能力を高めるために指定医療機関において、医療費の支給をおこないます(所得に応じた一部自己負担あり)。
> 自立支援医療(金沢市HP)

問/市保健所 地域保健課 TEL 076-234-5102 FAX 076-234-5104