金沢子育てお役立ちウェブ のびのびビ~ノ

トップページ > 託児 > ファミリーサポートセンター

ファミリーサポートセンター

育児の相互援助活動です

育児の援助を受けたい人(依頼会員)と、援助をおこないたい人(提供会員)を会員として組織化し、育児の相互援助活動を支援するものです。安心とゆとりを持って子育てができるように、子どもを持つ家庭を地域で支援することを目的としています。 「子どもを預かってほしい」とセンター事務局に電話すると、アドバイザーから依頼会員の条件に近い提供会員を紹介してもらえます。



援助活動について

【援助の対象となるお子さん】
生後1か月~小学生

【援助できる内容】
●幼稚園・保育所・認定こども園の送迎及び終了後の預かり
●学校の放課後、児童クラブ終了後の預かり
●子どもを連れて出にくいときや、通院等の際の預かり
●保護者がリフレッシュするための預かり
●病後児の預かり
*一時的援助であり、乳幼児の長期間保育はしていません。

【援助活動の時間帯】
午前6時から午後10時までです。宿泊は行いません。

【援助活動の場所】
原則として提供会員の自宅において預かります。

【複数の子どもの預かりについて】
原則として、一人の子どもの預かりとなりますが、提供会員の承諾を得ることができれば、兄弟姉妹に限り一緒に預かることもできます。(ただし、料金は人数分となります。)

 

会員の条件 

※依頼会員・提供会員を兼ねることができます。

【依頼会員(育児の援助を受けたい人)】
金沢市に居住する方で乳幼児又は小学生の子どもをお持ちの方

【提供会員(育児の援助を行いたい人)】
金沢市に居住する方で自宅で子どもを預かることのできる方(資格・経験の有無、性別は問いません。)

 

会員の登録

【依頼会員(育児の援助を受けたい人)
入会申込書に必要事項を記入し、ファミリーサポートセンター又は市役所こども政策推進課に直接提出していただくか、ファミリーサポートセンターまで郵送してください。(後日、会員証を郵送させていただきます)
※入会申込書は、ファミリーサポートセンター、こども政策推進課、各福祉健康センター、各市民センターにあります。

郵送先:〒921-8171 金沢市富樫3-10-1(教育プラザ富樫内)金沢市ファミリーサポートセンター あて

 

【提供会員(育児の援助を行いたい人)
1)入会申込書に必要事項を記入し、印鑑と写真2枚(縦3cm、横2.5cm)をお持ちの上、ファミリーサポートセンター又は市役所こども政策推進課窓口にお越しください。
2)子育てに関する講習会の全ての科目を受講していただいた後、会員登録となります。(講習会の日程はファミリーサポートセンターまでお問合せください。)

 

報酬(利用料)について

【報酬の基準】
1時間あたり 700円
※支払いは、依頼会員から提供会員へ直接現金で行います。
すまいるクーポンが利用できます。最初の1時間の利用料金が無料になります。

  1. 援助活動は1時間単位で依頼します。
  2. 援助活動開始後、予定の時間が超過した場合は、超過時間が30分以内のときは、 基準額の半額(350円)、30分を超えたときは1時間分(700円)を支払います。(兄弟姉妹を預かった場合は、700円×人数分の金額を支払います)
  3. 活動当日に依頼の取消しがあった場合は、所定の取消し料金が必要です。

【交通費及び食事代等について 】
交通費や食事代(原則、依頼会員が用意するものですが、やむを得ず提供会員が用意した場合)は、実費を依頼会員から提供会員に支払っていただきます。

 

援助の利用について

【利用のしかた(あらかじめ、会員登録が必要)】

  1. 依頼会員はファミリーサポートセンターアドバイザーに電話をしま
  2. アドバイザーは提供会員を紹介します
  3. アドバイザー立会いのもと依頼会員と提供会員が事前打合せをし活動を開始します。
  4. 援助活動終了後、提供会員は活動報告書を書き、依頼会員の確認をもらいます。
  5. 依頼会員は規定の報酬を提供会員にその都度支払います。

※2回目以降の利用は、依頼会員が直接提供会員に連絡して行います。

子どもの健康と安全の確保及び会員間の十分な理解のもとで活動を行っていただくため、場合によっては利用依頼に応じられないことがあります。また、依頼内容に適した提供会員がいないときは利用をお待ちいただくこともあります。