金沢子育てお役立ちウェブ のびのびビ~ノ

トップページ > 子育てコラム

子育てコラム

2020年8月

お子さんの発達について気になることはありませんか

幼児相談室『うさぎのお部屋』では、“ことばが増えない・落ち着きがない・コミュニケーションが取りづらい・友達と一緒に遊べない”など、発育や発達に心配と思われる、概ね1 歳から就学前までのお子さんを対象に、親子の遊びを通して、子どもとのかかわり方や育児全般についての相談に応じたり支援を行ったりしな
がら、子育ての応援をしています。

 

通室までの流れ

①お電話 保護者から幼児相談室に電話・面接日の予約をします。
②面接 親子で来ていただき、詳しくお話を聞かせてもらいます。
③次回予約 通室するかしないかはご希望に添います。

通室回数

月1~4 回、親子で一緒に通室

所要時間

1 回につき、1~2 時間程度

通室料金

1 回につき、200 円

 

一人で悩まないで、身近な相談機関を利用してみてはいかがでしょうか。どうぞお気軽にご相談ください。

うさぎのお部屋は親子の時間を大切にしています。
きょうだいの来室はお控えください。

 

富樫幼児相談室(教育プラザ富樫内) ☎243-6415
此花幼児相談室(教育プラザ此花内) ☎224-5250
駅西幼児相談室(駅西福祉健康センター内) ☎234-5117

 

 

今月のおすすめ本

『ありとすいか』

たむら しげる/作・絵
ポプラ社 2002年

きもちのいい夏の午後、ありたちは野原ですいかを見つけました。
それは真っ赤に熟した、とてもとても大きなすいかです。
ありたちは仲間を集めて、なんとかすいかを巣へ運ぼうとしますが…。

おそろいの赤い靴をはいて、元気いっぱいのありたち。
ぜひ、ページのすみまで細かく描かれた、大勢のありの様子に注目してください。
居眠りするありや、料理をするあり、すべってころんでいるありなど…。
どのありの表情も個性的でコミカルです。
たくさんの部屋に分かれたありの巣も、まるで秘密基地のよう。
絵本を開くたびに新しい発見が楽しめます。

無事にすいかを巣まで運び込み、おなかいっぱい食べたありたちは、 残った皮も無駄にせず、遊び道具に変身させます。

最後まで夏の楽しさいっぱいの一冊です。
▼2021年バックナンバー
▼2020年
▼2019年
▼2018年