金沢子育てお役立ちウェブ のびのびビ~ノ

トップページ > 子育てコラム

子育てコラム&おすすめ本

2017年2月

食生活を見直してみましょう

乳幼児期は、生活の様々な場面で成長が見られます。食事の時間もその1つです。 食事の時間は、新しい食べ物に挑戦し初めての味に出会うとても貴重な時間です。 次の点を心がけ、お子さんと一緒に毎日の食事を楽しみましょう。

●いろんな食品を食べていますか?
離乳食が進むにつれ、消化酵素の分泌がよくなっていきます。発育・発達に合った食事(かたさや量、食品の種類等)に配慮し進めていきましょう。

●食事に集中できる環境ですか?
気が散る物が近くにあると食事に集中しづらくなります。おもちゃを片づけたり、テレビを消したりしましょう。

●楽しく食事ができていますか?
食事の雰囲気がよいことは、食欲増進にもつながります。一緒に食べたり、おいしそうに食べたりしましょう。

●食事の時間は決まっていますか?
食事や間食のリズムは生活リズムに影響を受けます。早寝早起きで1日のリズムを作り、規則正しい生活習慣を心がけましょう。

●どんなおやつを食べていますか?
おやつ(間食)は、3回の食事では補うことの難しい牛乳や果物などの食品を選びましょう。

 


『いしゃがよい』

さくら せかい・さく
福音館書店 2015年

山で泣いている小さなパンダを拾ったエンさん。
パンダを「ファンファン」と名付けて、育てます。
体の弱いファンファンを自転車に乗せて、雨の日も雪の日も、山をこえて医者通い。
元気に育ち、お手伝いも上手になったファンファン。
今度は年をとったエンさんを自転車に乗せて、医者通いするのでした。

作者のさくらせかいさんが、長い間あたためていたというこの物語は、さくらさんご自身の体験や、思い出も入っているとのこと。
エンさんとファンファンの、お互いを思いやるやさしい気持ちが詩のような、シンプルであたたかいことばで綴られています。

お医者さんへ通うことは、大人はもちろん、お子さんには決して楽しいおでかけではないでしょう。
でも、お父さんやお母さんが、どんな時も自分のことを、やさしく守ってくれていると感じることができたら、

それが何よりのお薬になりますね。

 

▼2017年バックナンバー
▼2016年
▼2015年
▼2014年
▼2013年