金沢子育てお役立ちウェブ のびのびビ~ノ

トップページ > 子育てコラム

子育てコラム&おすすめ本

2016年12月

お子さんの発達について気になることはありませんか

幼児相談室『うさぎのお部屋』では、“ことばが増えない・ひとりで勝手にどこかへ行ってしまう・コミュニケーションがとりづらい・友達と一緒に遊べない”など、発育や発達に心配と思われる、概ね1歳から就学前までのお子さんを対象に、親子の遊びを通して、子どもとの関わり方や育児全般についての相談に応じたり支援を行ったりしながら、子育ての応援をしています。

  • 保育士は、「親子遊び」を通して、お子さんの気持ちを読み取った関わり方や生活習慣の自立に向けての助言、友だちと関わる機会をつくるなどの支援をしています。
  • 専門指導員(医師・臨床心理士・理学/作業療法士・言語聴覚士など)による個別相談を受けることができます。
  • 親同士の情報交換やネットワーク作りとして、テーマを決めての育児懇談会を行っています。

◎通室方法/予約制(保護者から直接電話をして予約を取ります)
◎通室回数/月1~4回、親子で一緒に通室
◎所要時間/1回につき、1~2時間程度
◎通室料金/1回につき、200円

一人で悩まないで、身近な相談機関を利用してみてはいかがでしょうか。
どうぞお気軽にご相談ください。

富樫幼児相談室(教育プラザ富樫内)  TEL 243-6415
此花幼児相談室(教育プラザ此花内)  TEL 224-5250
八日市幼児相談室(八日市保育所隣接) TEL 280-1171


『しきぶとんさん かけぶとんさん まくらさん』

高野 文子/作・絵
福音館書店 2014年

男の子が、夜眠るまえに、おねがいをしています。
しきぶとんさんには、よなかにおしっこがでないように。
かけぶとんさんには、からだがひえないように。
まくらさんには、こわいゆめをみないように。
みんな「まかせろ、まかせろ」と、力強くひきうけてくれます。

作者の高野文子さんは、これが初めての絵本ですが、漫画家として30年以上活動されているので、そちらの顔のほうがなじみ深いおうちの方もいらっしゃるかもしれません。
詩のような七五調の文章に、くすっと笑えるおかしみのある絵が印象的です。

だんだん大きくなってくると、おうちの人のそばから離れてひとりで寝るようになるお子さんも、いらっしゃるでしょう。
時にはさびしくて、泣いてしまう夜もあるかもしれませんが、こんなふうに「まかせろ!」といってもらえたら、きっと安心してぐっすりと眠ることが、できますね。

 

▼2017年バックナンバー
▼2016年
▼2015年
▼2014年
▼2013年