金沢子育てお役立ちウェブ のびのびビ~ノ

トップページ > 子育てコラム

子育てコラム&おすすめ本

2016年3月

もうすぐ入園!

一日一日春の訪れが感じられるようになってきました。

4月にお子さんの入園を迎えるご家庭では、カバンや保育用品の準備をしながら、新しい生活を楽しみにしていることでしょう。その一方で、「私と離れて大丈夫かな?」「朝は早く起きられるのかな?」と様々な心配をなさっているかもしれません。

そんな不安から、日々過ごす中で、つい笑顔が減ってはいませんか?
新しい環境に踏み出すことは、子どもにとっても親にとっても勇気がいることです。
「~させなくちゃ!」とプレッシャーを感じずに、「〇〇が楽しみだね」と話しながら、笑顔を向けて下さいね。そうすることで、親の気持ちもきっと前向きになり、お子さんも安心して一歩を踏み出せるはず!

新しい生活や出会いを、親子一緒に心待ちにしたいものですね。


『おおきくなるっていうことは』

中川 ひろたか・作
村上 康成・絵
童心社 1999年

「おおきくなる」って、どんなことでしょう?
洋服がちいさくなって、あたらしい歯がはえて、あんまり泣かなくなって、じぶんよりちいさな子にも、やさしくできるようになって…。まだまだ、たくさんありますね。

ゆかいな園長先生とこどもたちの、四季おりおりの保育園でのできごとをつづった『ピーマン村の絵本たち』シリーズの一冊です。
ユーモアを交えた、あたたかいまなざしで、去年よりまたすこし「おおきくなった」ことのよろこびを、園長先生がこどもたちに語りかけます。

この春から、幼稚園や保育園に通いはじめるお子さんも多いことと思います。
あたらしい環境で、これからどんどん、できることがふえていきますね。
どのお子さんもきっと、からだはもちろん、「こころ」も、ぐん!と「おおきくなって」いくことでしょう。

 

▼2017年バックナンバー
▼2016年
▼2015年
▼2014年
▼2013年